ウルノ商事株式会社
1. プライベートブランド商品の開発
「量より質を重視してさらに末端ユーザーのニーズにマッチする商品を」これがP・B商品開発に対する当社のコンセプトです。当社のP・B商品開発グループは、10数年前から活動しており、今日までに百数十種類のP・B商品を開発、営業ルートに乗せています。

2. 冷凍食品部門の強化
安定した価格、保存性のよさと、調理の便利さから、年々人気のあがっている冷凍食品は、今後さらに大きな需要増が見込まれています。当社は、こういうユーザー動向に対応するため、冷凍食品部門の充実に大きな力をそそいでいます。

3. 外食産業分野の供給拡大
当社は、給食分野でつちかった商品開発力と営業実績を基盤として、外食産業界への食材供給拡大に力を注いでいます。外食産業は、今後さらに多様化・細分化が進みながら、そのマーケットの拡大が予想されますが、私たちは、地域に根ざした商社だからこそできる、キメこまやかなサービスを徹底し、ユーザーのご満足をいただけるよう、努力してまいります。
物流システムの確立
食材を取り扱う商社として、何よりも大切なのは鮮度です。当社は、この鮮度を何よりも優先させ、受注から納品配送まで、すべて一貫したコンピューターシステムで、迅速・正確な物流の管理・運営をはかっています。もちろん、当社が取り扱う数千種類を超える商品在庫についてのお問い合わせにも、即答が可能です。ユーザーのご要望にどこまで近づけるか、私たちは、今後もチャレンジしてまいります。
常温倉庫 ドックシェルター
搬出入口とトラックの荷台口を隙間なく密着し室内外の温度差による商品の劣化をふせぎます。
冷凍倉庫
常にお客様に安全で美味しい食品を召し上がっていただくために、最新鋭の設備を整え、効率化された管理システムと厳しい検査体制を敷いています。
より安心、より安全な商品を世界中からお客様のもとへ。
ユーザーニーズが多様化する今日、お客様が何を望んでいるのか?「安心」「安全」はもとより、トレーサビリティのしっかりした商品に他ならないでしょう。 当社の関連企業であるI.F.A.は、そういったお客様の声に反映した商品開発を、大手メーカーと共に進めています。国内だけでなく広く海外に目を向け、自ら検分し、厳選された原料で、衛生管理のしっかりした工場で造られた商品のみを取り扱っています。I.F.A.の商品は「安心して使える」「価格的魅力がある」「ユーザーニーズを先取りしている」という3大コンセプトをもったブランド品なのです。構成企業5社が自信を持ってお届けできる商品であると確信しています。お客様が求め、必要としている商品を、開発してお届けすること。I.F.A.は限りなく挑戦し続けます。

(環境理念)
ウルノ商事(株)は、業務用食品卸売業として、会社の理念である「ひろがれ地球村」という環境保護と、環境汚染予防を基軸に地球環境の保全が人類共通の最重要課題の一つである事を認識し、企業活動のあらゆる面で地球環境への負荷を最小限とする企業を目指し、環境方針を定め、環境問題への取り組みを具体的に推進し、併せて社会への貢献を図ります。


(環境方針)
ウルノ商事(株)は、環境保全の重要性を認識し、環境負荷を低減し、全従業員をあげて環境保全に努めるため「環境方針」を以下に定めます。

1.省資源、省エネルギー活動の推進
紙、電力等の資源エネルギーの使用量の削減を図ると共に、廃棄物の削減を推進し、環境負荷の低減並びに環境汚染の予防に努めます。

2.環境関係法規等の順守
環境に関する法令、及び地域、その他の要求事項を順守し、併せて、積極的に社会貢献をします。

3.環境保全活動の継続的な推進
企業活動のすべての段階で環境保全を推進し、取引先に対しても、環境保全活動への理解と協力を求め、継続的に改善を進めます。

4.啓発活動の推進
社会の環境活動体制、規定及び要領類の整備はもとより、全従業員への教育訓練により従業員一人一人が、環境問題に対する意識を深め、具体的な活動を行っていくために、啓発活動を推進します。

この方針は、全従業員に周知徹底し、その達成に努めます。

2015年6月19日 ウルノ商事(株)代表取締役社長 宇留野 正義 
Copyright (C) 2011 URUNO Corporation. All rights reserved.